shiryoseikyu_over.jpg 資料請求はこちらからどうぞ!

2019年09月16日

【大卒程度公務員】いよいよ民法改正攻略ゼミが迫ってまいりました!

今週の土曜日(9月21日)に、いよいよ東京アカデミー全国無料イベント

『民法改正攻略ゼミ』が行われます。

東京アカデミーの通学部生の皆さんは、もちろん全員出席でお願いします!!!

一般の方もまだ受付ができますので、お早めのお申し込みをお願いします→→→ 申し込みはこちら


国家一般職や特別区などを受験する方は、特に民法の重要性を感じていると思います。

(来年度受験の目玉ともいえる民法の対策で、ライバルに差をつけよう!)

担当:加藤でした


posted by 東京アカデミー大分校 at 09:00| イベントのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月19日

【大卒程度公務員】『民法改正攻略ゼミ』のお知らせ

皆さん、こんにちは!

東京アカデミー大分校の公務員担当の加藤です。


以前よりお伝えしておりました「民法改正攻略ゼミ」ですが、いよいよ開催まで1か月を切りました!

すでにたくさんの方にお申込みいただいており、受験生の皆さんの関心の高さに当日が待ちきれない想いです!


ゼミの内容について改めてご説明いたします!


今回の民法改正では、120年ぶりに改正される民法の債権法が202041日から施行され、2020年度の大卒程度公務員試験から出題が予想されます!

この改正後の民法で出題される試験に臨むにあたり、


・民法はそもそも何が改正されるのか?

2020年度の大卒程度公務員試験に、改正された民法が本当に出題されるのか?

・出題されるとすればどのような分野から何問くらい出題されるのか?


など、受験生の皆さんはギモンがたくさんだと思います。

そこで、合格を目指す皆さんを対象に、全国の東京アカデミーで改正民法のナゾを解くために「民法改正攻略ゼミ」を開催します。


大分校では、20199月21日()13001530にて開催します。

東京アカデミー大分校のベテランの民法担当講師が懇切丁寧にお教えします

参加費無料、定員70名、先着順に受け付け致します。開催が近づいておりますので、お早めにお申し込みください。

参加のお申し込みは東京アカデミーHPhttp://www.tokyo-ac.jp/)から受け付けております。


当日は2部構成になっており、第1部では上で書いた民法改正のポイント講義を実施します。

2部では公務員担当教務スタッフが、最新の試験情報に加え、民法をはじめとする“専門アリ試験”を受験するメリットをご説明致します。

最近は各自治体、人材確保のために教養科目のみで受験できる試験が増えていますが、東京アカデミーでは専門科目の学習もオススメしています!


そのほかにも東京アカデミーだから提供できる、受験に役立つマル秘情報も準備中です!


非常に有意義な一日になること間違いなしです!!

みなさまのご参加をスタッフ一同心待ちにしています。

posted by 東京アカデミー大分校 at 09:00| イベントのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月25日

【大卒程度公務員】民法改正攻略ゼミのお知らせ

こんにちは。東京アカデミー大分校の加藤です

以前もこのブログでご案内いたしました、8月上旬より全国各校で開催いたします公務員試験攻略イベント『民法改正攻略ゼミ』についてのお知らせです。

今回の公務員試験攻略イベントは【第1部 民法改正はチャンス(90分程度)】、【第2部 専門試験と教養試験(60分程度)】の2部構成で全150分、無料での開催となります!

第1部では、民法が120年ぶりに改正、2020年度から施行されるにあたって公務員試験への影響や、攻略のポイントについて、各校で長年講義を担当しているベテラン講師がご説明いたします。

2020年度の公務員試験にどの程度影響がでるの?
以前と比べて、難しくなる?それとも簡単になる?
改正にあたって、具体的に何を対策すればいいの?

などといった疑問も、このゼミに参加して解決しましょう!

また、第2部では、専門試験アリのメリットについての説明や試験の攻略法の解説に加えて、国家公務員の基礎能力試験(教養試験)の選択肢の秘密についての耳寄り情報もお伝えします。

今日は、なんとその国家公務員の基礎能力試験(教養試験)の選択肢の秘密についての内容を一部お見せいたします。

国家公務員(選択肢正答率)_page-0001.jpg

上表は、国家公務員試験大卒程度一般職〈試験形式が変更された、平成24年から8年分〉の正答の選択肢になり、今回は文章理解【一例】をご紹介します。

【文章理解】
選択肢正答数のシェアを比較すると、圧倒的に、選択肢4が多く、次いで選択肢3.5が多い傾向です。言い換えれば、選択肢1.2が少ないです。これは、受験生が問題を解く際、選択肢1(上)から順番に肢を見極めていくことが一般的なため、仮に、選択肢1.2の正答が多いと、短時間で解答を終えることになりますので、このような問題構成になっていると推察されます(※問題を解く時間がない場合は、選択肢3〜5から見極めていくのも一考)。

当日は、一般知能、一般知識の選択肢の秘密も公開いたします!
今後の皆さんにとって必要な情報やノウハウ
(専門試験・教養試験)も提供しますのでぜひ、ご参加ください。
posted by 東京アカデミー大分校 at 13:00| イベントのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする