shiryoseikyu_over.jpg 資料請求はこちらからどうぞ!

2019年08月14日

【高卒程度公務員】作文試験に備えよう!

こんにちは👀大分校の川村です👓

9月に行われる国家公務員採用試験(高卒程度試験)の1次試験日が刻々と近づいてきていますが・・・
作文試験の対策はされていますか?

国家公務員採用試験では、
国家一般職事務、税務職員、刑務官、入国警備官、皇宮護衛官、海上保安学校学生(船舶)、裁判所職員一般職などの1次試験で作文試験が実施されます。
特に今回挙げたような国家公務員採用試験では、作文試験の結果は、
1次試験の合否ではなく、最終合格者を決定する際に用いられるため、重要なのです。
教養試験(基礎能力試験)や面接試験の成績は良くても、作文の結果で最終合格を逃すことがあり得ます

公務員試験の作文問題は45〜60分という制限時間が一般的です。
字数を指定されることもありますが、その場合は制限字数の9割以上は埋めておきましょう!
その他に1枚の作文用紙が与えられ、書けるだけ書く場合もあります。その場合の文章量は600〜1000字と考えておけばよいでしょう。

ちなみに、2018年度国家公務員採用試験の作文課題は下記のとおりでした。

国家一般職(高卒)/税務職員 「時間の使い方について思うこと」
刑務官 「犯罪を社会から減らすためには」
入国警備官 「優しさと厳しさについて思うこと」
皇宮護衛官 「報告、連絡、相談の大切さについて」
海上保安学校学生 「気分転換を図ることの大切さについて」
裁判所職員一般職 「私が考える「大人」とは」

地方公務員でも、東京消防庁や大分県内自治体(臼杵市、日田玖珠消防、杵築市)にて1次試験に作文試験が課されます。
過去のテーマを参考に、構成だけでも考えておきたいですね。

東京アカデミーでは、作文対策講義で書き方のポイントを学べるのはもちろんのこと、地方公務員(大分県や大分県警、各市町村)の過去の作文課題について情報提供が可能です!


夏期総まとめ講座 夜間部 一般知能要点コース8月19日(月)開講です!
詳細は大分校HP(こちら)をご覧ください。

その他試験に関するご質問など、お気軽にお問合せください!
個別相談会のご予約も受付けております(日程のご相談をさせて頂く場合もございます)。

大分校 ☎097-536-7588 
フリーコール ☎0120-220-731
東京アカデミー大分校 公務員担当:川村
posted by 東京アカデミー大分校 at 09:00| 高卒程度公務員試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする