shiryoseikyu_over.jpg 資料請求はこちらからどうぞ!

2019年06月26日

【高卒程度公務員】教養試験をどう解くか、戦略を立ててみよう!

こんにちは👀大分校の川村です👓

もう早いもので、6月も終わりますね😞😞😞
東京アカデミーの2019年度公務員模試も、7月の第4回教養50問型模試で最終回となります。
会場実施日は7月7日(日)です。国立大学法人職員採用試験の1次試験日と被っていますが・・・自宅受験も可能です
Web申込は明日6月27日(木)まで受付けております(模擬試験のお申し込みは こちら )是非ともご利用ください😃

ところで、模擬試験を受けるにあたって気になるのが解く順番です。
1問目からすらすら解ければよいですが、科目によってかける時間は変わりますし、得意不得意当然あると思います。
そのため、どの科目から解くのかで、時間が足りたかどうか違いは出ます。

私自身、学生時代を振り返ったら、暗記問題から解いて、計算問題は後回しにしていました。
特に暗記問題であれば、直前まで見て覚えた問題が出るかもしれない・・・とキーワードを頭で唱えながらテストを受けていました。
教養試験と中高の教科ごとの試験はそもそも形式が異なりますが、今思えばその場しのぎの勉強方法でしたね(笑)


実は先日、2018年度公務員試験に最終合格された卒業生の方とお話しする機会があり、模試についても、解き方とその理由を教えてもらいました。
syo19062602.png
さすが合格者という印象で、いろんな工夫の仕方があるな〜と、とても勉強になりました(卒業生の皆様、ありがとうございました!)。その内容はここではあえて、伏せておきますが・・・、どんな解き方があるのかは、現受講生の方々へ面談時にしっかりお伝えしております!!気になる方は、川村へお尋ねください。


また、大分校では、昨年の東アカ模試で何点取っていた人がどこに一次合格していたか?をまとめたものを掲示しています。
syo19062601.png
※写真は実際の様子です。
模試の点数が低くても安堵してもらうためではなく、受講生の皆様のモチベーション向上に繋がればと思います👊

本試験まで、まだ約2ヶ月あります。
受験生の皆様は、まずは模試でより良い結果を出せるよう、戦略を立ててみることをオススメします😃


posted by 東京アカデミー大分校 at 10:00| 高卒程度公務員試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。