shiryoseikyu_over.jpg 資料請求はこちらからどうぞ!

2019年03月14日

【看護師国家試験】第109回看護師国家試験対策 春からの勉強法

みなさん、こんにちは

大分校の中山です

本日は第109回看護師国家試験に向けた、春からの勉強法についてお伝えしていこうと思います。


@出題基準の確認

看護師国家試験は『看護師国家試験出題基準』に沿って問題が作成され、出題されます。皆さんが受験する第109回看護師国家試験は、平成30年版の出題基準からの出題となります。

出題基準を知らない、見たことがないという方も多いかと思いますが、厚生労働省のホームページや、本試験問題集の付録として掲載されているので、試験勉強を始める前に、必ず目を通してください。

さて、まずは「必修問題」の出題基準を確認していきましょう。

3月7日の記事「第108回試験を踏まえた第109回試験への対策」でもお伝えしましたが、必修問題の出題基準の小項目269個の全てが、一般問題・状況設定問題につながっていきます。これは逆に、人体の構造と機能から看護の統合と実践までの全ての科目の中から、看護師として必ず知っておいてほしい知識・基本的な知識を集めたのが必修問題ともいえます。

春からのまだ時間のあるうちに、必修問題の出題基準の小項目について一つ一つ確認を行いましょう。基礎・基本をしっかりと身につけることが、国家試験合格の近道となります。


A解剖生理の確認

解剖生理は、皆さんが看護学校に入学してすぐに勉強した箇所です。この解剖生理は「専門基礎科目」の中の一つであることからも分かるかと思いますが、看護師として知っておかなければならない「基礎・基本」の部分です。

まずは、正常な状態を把握しておく必要があります。正常が分かっていれば、異常な状態である疾患も分かってきます。疾患→治療→看護とつなげて考えることができるようになれば、「人体」や「疾病」そしてその他の科目について理解ができるようになったということができます。

つまり、全ての土台となる解剖生理ができればそこから先の学習がぐっと楽になります。



最高学年は実習や就活、そして国家試験対策で忙しい年でもあります。国家試験ぎりぎりになって焦ることのないよう、基礎・基本を固めていきましょう。


東京アカデミー大分校では、9月より通学講座を実施します。

看護学生で国家試験合格に不安を抱えている方や、どのように国家試験対策の学習を進めればよいか分からない方にピッタリの通学講座です。国家試験対策合格に向けた知識のインプットと問題解答力を身につけるための問題演習も行います。国家試験に出題される科目ごとに講義を実施し、基礎から確認を行いますので、基礎に不安な方も安心して受講できます。
開講期間 9/22(日)〜12/8(日)
入会金 5,000円  受講料 90,000円  教材費 6,500円
★入会特典★
通学講座受講者は受講手続き完了後、以下の講座や模試を無料で受講(受験)できます。
●解剖生理四天王攻略ゼミ 4/14(日)〜5/19(日)
●秋期講習 9月上旬〜11月中旬実施予定
●全国公開模試(必修問題模試+第1回〜第3回模試)
また、夏期講習と冬期講習を特別受講料にて受講できます。

効率よく学習し、合格を目指す講座となっています。


東京アカデミーは看護師国家試験合格を目指す皆さんを応援しています。

またその他にも、東京アカデミーでは国家試験対策に関する講座やイベントを1年通して開催してまいります。

現在受付中の講座・イベントはこちらからご確認下さい。


posted by 東京アカデミー大分校 at 09:00| 国家試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする